メインコンテンツへスキップ

SolidityスマートコントラクトによるERC-20トークンの転送と承認

スマートコントラクトトークンSolidityerc-20
中級
jdourlens
EthereumDev(opens in a new tab)
2020年4月7日
9 分の読書 minute read
comp-tutorial-metadata-tip-author 0x19dE91Af973F404EDF5B4c093983a7c6E3EC8ccE

前回のチュートリアルでは、イーサリアムブロックチェーン上のSolidityで描かれたERC-20トークンの構造について学びました。 この記事では、Solidity言語で書かれたトークンとやり取りするためのスマートコントラクトの使い方について説明します。

このスマートコントラクトのために、新しくデプロイされたERC-20トークンでイーサを取引できる、ダミーの分散型取引所を実際に作成します。

このチュートリアルでは、前のチュートリアルで書いたコードをベースとして使います。 この分散型取引所(DEX)では、コントラクトのインスタンスをコンストラクタでインスタンス化し、以下の操作を実行します。

  • トークンをイーサ(ETH)に交換
  • イーサ(ETH)をトークンに交換

次のシンプルなERC20コードベースを追加することで、分散型取引所コードを開始します。

1pragma solidity ^0.8.0;
2
3interface IERC20 {
4
5 function totalSupply() external view returns (uint256);
6 function balanceOf(address account) external view returns (uint256);
7 function allowance(address owner, address spender) external view returns (uint256);
8
9 function transfer(address recipient, uint256 amount) external returns (bool);
10 function approve(address spender, uint256 amount) external returns (bool);
11 function transferFrom(address sender, address recipient, uint256 amount) external returns (bool);
12
13
14 event Transfer(address indexed from, address indexed to, uint256 value);
15 event Approval(address indexed owner, address indexed spender, uint256 value);
16}
17
18
19contract ERC20Basic is IERC20 {
20
21 string public constant name = "ERC20Basic";
22 string public constant symbol = "ERC";
23 uint8 public constant decimals = 18;
24
25
26 mapping(address => uint256) balances;
27
28 mapping(address => mapping (address => uint256)) allowed;
29
30 uint256 totalSupply_ = 10 ether;
31
32
33 constructor() {
34 balances[msg.sender] = totalSupply_;
35 }
36
37 function totalSupply() public override view returns (uint256) {
38 return totalSupply_;
39 }
40
41 function balanceOf(address tokenOwner) public override view returns (uint256) {
42 return balances[tokenOwner];
43 }
44
45 function transfer(address receiver, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
46 require(numTokens <= balances[msg.sender]);
47 balances[msg.sender] = balances[msg.sender]-numTokens;
48 balances[receiver] = balances[receiver]+numTokens;
49 emit Transfer(msg.sender, receiver, numTokens);
50 return true;
51 }
52
53 function approve(address delegate, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
54 allowed[msg.sender][delegate] = numTokens;
55 emit Approval(msg.sender, delegate, numTokens);
56 return true;
57 }
58
59 function allowance(address owner, address delegate) public override view returns (uint) {
60 return allowed[owner][delegate];
61 }
62
63 function transferFrom(address owner, address buyer, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
64 require(numTokens <= balances[owner]);
65 require(numTokens <= allowed[owner][msg.sender]);
66
67 balances[owner] = balances[owner]-numTokens;
68 allowed[owner][msg.sender] = allowed[owner][msg.sender]-numTokens;
69 balances[buyer] = balances[buyer]+numTokens;
70 emit Transfer(owner, buyer, numTokens);
71 return true;
72 }
73}
74
75
すべて表示
コピー

次の新しい分散型取引所(DEX)スマートコントラクトは 、ERC-20をデプロイし、供給されたすべてを取得します。

1contract DEX {
2
3 IERC20 public token;
4
5 event Bought(uint256 amount);
6 event Sold(uint256 amount);
7
8 constructor() {
9 token = new ERC20Basic();
10 }
11
12 function buy() payable public {
13 // TODO
14 }
15
16 function sell(uint256 amount) public {
17 // TODO
18 }
19
20}
すべて表示
コピー

これで分散型取引所(DEX)ができました。また、すべてのトークンリザーブが利用可能になりました。 コントラクトには、次の2つの関数があります。

  • buy: ユーザーはイーサ(ETH)を送ってトークンに交換できます
  • sell: ユーザーはトークンを送信してイーサ(ETH)を取り戻すことができます

buy関数

buy関数をコーディングしてみましょう。 まず、メッセージに含まれるイーサ(ETH)の量を確認し、コントラクトが十分なトークンを所有していることと、そのメッセージにいくつかのイーサ(ETH)が含まれていることを検証する必要があります。 コントラクトが十分なトークンを所有している場合、ユーザーにその分のトークンを送信し、 Bought イベントを発行します。

require関数の呼び出しがエラーだった場合に、送信されたイーサ(ETH)は直接元に戻され、ユーザーに返されることに注意してください。

ここではシンプルに、1トークンと1Weiを交換します。

1function buy() payable public {
2 uint256 amountTobuy = msg.value;
3 uint256 dexBalance = token.balanceOf(address(this));
4 require(amountTobuy > 0, "You need to send some ether");
5 require(amountTobuy <= dexBalance, "Not enough tokens in the reserve");
6 token.transfer(msg.sender, amountTobuy);
7 emit Bought(amountTobuy);
8}
コピー

購入が成功した場合、トランザクションにはTransferBoughtの2つのイベントが表示されます。

トランザクション内の2つのイベント: TransferとBought

sell関数

売却を行う関数は事前にapprove関数を呼び出し、ユーザーがその金額を承認することを要求します。 転送を承認するには、分散型取引所(DEX)によってインスタンス化されたERC20Basicトークンがユーザーによって呼び出される必要があります。 これは、まず分散型取引所(DEX)コントラクトのtoken()関数を呼び出し、分散型取引所(DEX)がtokenというERC20Basicコントラクトをデプロイしたアドレスを取得することで実現できます。 次に、セッション内にそのコントラクトのインスタンスを作成し、そのapprove関数を呼び出します。 次に、分散型取引所(DEX)のsell関数を呼び出すことで、トークンをイーサ(ETH)に交換できます。 例えば、インタラクティブ・ブラウニー(interactive brownie)セッションでは、次のようになります。

1#### Python in interactive brownie console...
2
3# deploy the DEX
4dex = DEX.deploy({'from':account1})
5
6# call the buy function to swap ether for token
7# 1e18 is 1 ether denominated in wei
8dex.buy({'from': account2, 1e18})
9
10# get the deployment address for the ERC20 token
11# that was deployed during DEX contract creation
12# dex.token() returns the deployed address for token
13token = ERC20Basic.at(dex.token())
14
15# call the token's approve function
16# approve the dex address as spender
17# and how many of your tokens it is allowed to spend
18token.approve(dex.address, 3e18, {'from':account2})
19
すべて表示
コピー

その後、sell関数が呼び出されたときに、呼び出し元のアドレスからコントラクトアドレスへの転送が成功したかどうかを確認し、その後イーサ(ETH)を呼び出し元のアドレスに送信します。

1function sell(uint256 amount) public {
2 require(amount > 0, "You need to sell at least some tokens");
3 uint256 allowance = token.allowance(msg.sender, address(this));
4 require(allowance >= amount, "Check the token allowance");
5 token.transferFrom(msg.sender, address(this), amount);
6 payable(msg.sender).transfer(amount);
7 emit Sold(amount);
8}
コピー

すべてがうまくいけば、トランザクションに2つのイベント(TransferSold)が表示され、トークンの残高とイーサの残高が更新されるはずです。

トランザクション内の2つのイベント: TransferとSold

このチュートリアルでは、残高とERC-20トークンの割当量を確認する方法と、インターフェースを使用してERC20スマートコントラクトのTransferTransferFromを呼び出す方法について説明しました。

一度トランザクションが作成されると、コントラクト用に作成されている待機してトランザクションについての詳細を取得する(opens in a new tab)ためのJavaScriptチュートリアルや、アプリケーションバイナリインターフェース(ABI)があれば、トークン転送や他のイベントによって発行されるイベントをデコードするチュートリアル(opens in a new tab)を参照することで情報を取得できます。

チュートリアルの完全なコードは、次のようになります。

1pragma solidity ^0.8.0;
2
3interface IERC20 {
4
5 function totalSupply() external view returns (uint256);
6 function balanceOf(address account) external view returns (uint256);
7 function allowance(address owner, address spender) external view returns (uint256);
8
9 function transfer(address recipient, uint256 amount) external returns (bool);
10 function approve(address spender, uint256 amount) external returns (bool);
11 function transferFrom(address sender, address recipient, uint256 amount) external returns (bool);
12
13
14 event Transfer(address indexed from, address indexed to, uint256 value);
15 event Approval(address indexed owner, address indexed spender, uint256 value);
16}
17
18
19contract ERC20Basic is IERC20 {
20
21 string public constant name = "ERC20Basic";
22 string public constant symbol = "ERC";
23 uint8 public constant decimals = 18;
24
25
26 mapping(address => uint256) balances;
27
28 mapping(address => mapping (address => uint256)) allowed;
29
30 uint256 totalSupply_ = 10 ether;
31
32
33 constructor() {
34 balances[msg.sender] = totalSupply_;
35 }
36
37 function totalSupply() public override view returns (uint256) {
38 return totalSupply_;
39 }
40
41 function balanceOf(address tokenOwner) public override view returns (uint256) {
42 return balances[tokenOwner];
43 }
44
45 function transfer(address receiver, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
46 require(numTokens <= balances[msg.sender]);
47 balances[msg.sender] = balances[msg.sender]-numTokens;
48 balances[receiver] = balances[receiver]+numTokens;
49 emit Transfer(msg.sender, receiver, numTokens);
50 return true;
51 }
52
53 function approve(address delegate, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
54 allowed[msg.sender][delegate] = numTokens;
55 emit Approval(msg.sender, delegate, numTokens);
56 return true;
57 }
58
59 function allowance(address owner, address delegate) public override view returns (uint) {
60 return allowed[owner][delegate];
61 }
62
63 function transferFrom(address owner, address buyer, uint256 numTokens) public override returns (bool) {
64 require(numTokens <= balances[owner]);
65 require(numTokens <= allowed[owner][msg.sender]);
66
67 balances[owner] = balances[owner]-numTokens;
68 allowed[owner][msg.sender] = allowed[owner][msg.sender]-numTokens;
69 balances[buyer] = balances[buyer]+numTokens;
70 emit Transfer(owner, buyer, numTokens);
71 return true;
72 }
73}
74
75
76contract DEX {
77
78 event Bought(uint256 amount);
79 event Sold(uint256 amount);
80
81
82 IERC20 public token;
83
84 constructor() {
85 token = new ERC20Basic();
86 }
87
88 function buy() payable public {
89 uint256 amountTobuy = msg.value;
90 uint256 dexBalance = token.balanceOf(address(this));
91 require(amountTobuy > 0, "You need to send some ether");
92 require(amountTobuy <= dexBalance, "Not enough tokens in the reserve");
93 token.transfer(msg.sender, amountTobuy);
94 emit Bought(amountTobuy);
95 }
96
97 function sell(uint256 amount) public {
98 require(amount > 0, "You need to sell at least some tokens");
99 uint256 allowance = token.allowance(msg.sender, address(this));
100 require(allowance >= amount, "Check the token allowance");
101 token.transferFrom(msg.sender, address(this), amount);
102 payable(msg.sender).transfer(amount);
103 emit Sold(amount);
104 }
105
106}
すべて表示
コピー

最終編集者: @nhsz(opens in a new tab), 2024年1月18日

このチュートリアルは役に立ちましたか?