このページの翻訳を行う

🌏

このページの新しいバージョンがありますが、現在は英語のみです。最新バージョンの翻訳にご協力ください。

ここにバグはありません!🐛

このページは翻訳されていないため、意図的にこのページを英語にしています。

📝
Ethereumの用途は常に発展し、進化しています。これらをより明確または最新にすると思う情報を追加してください。 ページ編集
🖼️

非代替性トークン(NFT)

  • イーサリアムベースのアセットとして、唯一無二なものをトークンとして表現する方法。
  • NFTは、これまで以上に多くのコンテンツ・クリエイターを後押ししています。
  • イーサリアムブロックチェーン上のスマートコントラクトを利用。
Ethロゴのホログラム。

現在、非代替性トークン(NFT)がデジタルアートと収集品の世界を席巻しています。 デジタルアーティストは、新しい仮想通貨ユーザーへの多額の売上のおかげで、自分たちの人生が変わってきているのを目の当たりにしています。 そして有名人たちは、ファンとつながる新しい機会であると認識し、参加してきています。 しかし非代替性トークン(NFT)の活用はデジタルアートだけではありません。 実際には、非代替性トークン(NFT)はデジタルや物理的なアイテムであれ、どんな固有の資産の所有権を表すために使用できます。

もし、Andy Warhol が 90 年代後半に生まれていたら、『キャンベルのスープ缶』を非代替性トークン(NFT)にしていたことでしょう。 Kanye West がアディダス Yeezys をイーサリアムに大量に並べるのも時間の問題です。 そしていつの日か自動車の所有権を非代替性トークン(NFT)で証明する日がくるかもしれません。

非代替性トークン(NFT)とは

非代替性トークン(NFT)とは固有のアイテムの所有権を担保するものとして使われるトークンです。 これによりアート作品やコレクターズアイテム、不動産でさえトークン化することができるようになりました。 非代替性トークン(NFT)は、同時に一人の正式な所有者しか所有できず、それはイーサリアムブロックチェーンによって担保されています。所有権を勝手に変更したり、コピー/ペーストで同じ NFT を作ることもできません。

NFT は Non Fungible Token(非代替性トークン)の略です。 非代替性とは経済用語で、自分の所有する家具や楽譜、パソコンなどを表すときに使う用語です。 これらのアイテムは別の全く同じ価値のアイテムと交換することができません。なぜならそれぞれ固有の価値を持つからです。

対して、代替性の場合は、それと全く同じ価値のアイテムと交換することが可能です。なぜなら固有アイテムとしてではなく、そのアイテムの価値によって定義づけされているからです。 例えば ETH やドルは代替性です。1 ETH / 1 米ドルは、それぞれ別の 1 ETH / 1 米ドルと交換可能なためです。

資産のインターネット

非代替性トークン(NFT)とイーサリアムは、今日のインターネットに存在するいくつかの問題を解決します。 すべてがデジタル化されるにつれて、希少性、独自性、所有権の担保といった物理アイテムのプロパティを再現する必要が出てきます。 言うまでもなく、デジタルアイテムはその製品の状況でのみ効果を持ちます。 例えば iTunes で手に入れた mp3 ファイルを他の人に売ることはできないし、ある会社のポイントを別のプラットフォームに移すことはできません。市場があるにもかかわらず、です。

ここで、今日私たちが使っているインターネットと、非代替性トークン(NFT)のインターネットを比べてみましょう。

比較

非代替性トークン(NFT)インターネット現在のインターネット
非代替性トークン(NFT)はデジタル的にそれぞれ固有であり、全く同じ NFT は存在しない。ファイル(mp3 や jpg など)のコピーは元のオリジナルと全く同じである。
あらゆる非代替性トークン(NFT)には所有者があり、またこれは公開されており、誰でも検証することができる。デジタルアイテムの所有記録は、それが属する組織のサーバーに保存される。その扱いについては、属する組織の方針に従わなければならない。
非代替性トークン(NFT)はイーサリアムを使用して構築されたすべてのものと互換性がある。 あるイベントの非代替性トークン(NFT)チケットは、あらゆるイーサリアム市場で取引でき、全く異なる NFT と交換することができる。 チケットとアートの交換も可。デジタルアイテムを持つ企業は、独自のインフラを構築する必要がある。 例えば、イベントのデジタルチケットを発行するアプリは、独自のチケット交換所を作る必要がある。
コンテンツクリエイターはどこでも作品を販売し、世界市場にアクセスすることができる。クリエイターは、使用するプラットフォームのインフラと流通経路に依存する。 多くの場合、利用規約や地理的制限に大きく影響を受ける。
クリエイターは自分の作品に対する所有権を保持しつつ、再販の印税を請求できる。音楽ストリーミングサービスなどのプラットフォームは、利益の大部分を売上から得ている。
アイテムは驚くような方法で使用することができる。 例えば、デジタルアートワークを分散型ローンの担保として使用することもできる。

非代替性トークン(NFT)の例

非代替性トークン(NFT)の世界は比較的新しいものです。 理論的には、非代替性トークン(NFT)の扱える範囲は、何であれ証明可能な所有権を有する唯一無二なものです。 より理解を深めるために、今日存在する非代替性トークン(NFT)の例をいくつかご紹介します。

ethereum.org の例

貢献者への報酬に非代替性トークン(NFT)を使用しており、独自の NFT ドメイン名さえ所有しています。

POAP(出席証明プロトコル)

ethereum.org への貢献で、出席証明プロトコルの非代替性トークンを獲得できます。 これはイベントに参加したことを証明する収集品です。 仮想通貨ミートアップの中には、出席証明プロトコル(POAP)をイベントのチケットとして使用している場合もあります。 貢献の詳細.

ethereum.orgの出席証明プロトコル(POAP)

ethereum.eth

このウェブサイトには、非代替性トークン(NFT)を利用した別名のドメインethereum.ethがあります。 .orgアドレスは、ドメインネームシステム(DNS)プロバイダーによって集中管理されていますが、ethereum.ethは、イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)を介してイーサリアム上に登録されています。 そして、その所有と管理は私たちが行っています。 ENS レコードの確認

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)の詳細

非代替性トークン(NFT)の仕組み

非代替性トークン(NFT)は DAI や LINK などの ERC-20 トークンとは異なり、個々のトークンは完全に固有のものであり、分割できません。 非代替性トークン(NFT)は、イーサリアムブロックチェーンを公開されたレジャーとして使用することにより、あらゆる固有のデジタルデータの所有権を割り当てたり、主張したりすることができます。 非代替性トークン(NFT)は、デジタル資産または非デジタル資産の表現として、デジタルオブジェクトから作られ(ミント)されます。 例えば、非代替性トークン(NFT)には次のようなものがあります。

  • デジタルアート
    • GIF
    • 収集品
    • 音楽
    • 動画
  • 実世界のアイテム
    • 車の証書
    • イベントの入場券
    • トークン化された請求書
    • 法的文書
    • 署名
  • 他にもクリエイティブに考えてみてください。他にも数多くあります!

1 つの非代替性トークン(NFT)は、同時に 1 人の所有者しか保有することができません。 所有権は、他のトークンが複製できない独自の ID とメタデータによって管理されます。 非代替性トークン(NFT)は、所有権を割り当て譲渡を管理する、スマートコントラクトによって作りだされます。 非代替性トークン(NFT)を作成またはミントする際には、ERC-721 など、さまざまな規格に適合したスマートコントラクトのコードを実行します。 この情報は、非代替性トークン(NFT)が管理されているブロックチェーンに追加されます。 作成のプロセスを簡単に説明すると、次のようなステップを経ることになります。

  • 新しいブロックの作成
  • 情報の検証
  • ブロックチェーンに情報を記録

非代替性トークン(NFT)にはいくつかの特殊なプロパティがあります。

  • 作成された各トークンには、1 つのイーサリアムアドレスに直接リンクした独自の ID があります。
  • 他のトークンと 1 対 1 で直接交換できるものではありません。 例えば、1 ETH は別の ETH とまったく同じですが、 非代替性トークン(NFT)はそうではありません。
  • 各トークンには所有者があり、この所有者の情報は簡単に検証できます。
  • イーサリアム上で存在し、イーサリアムベースの非代替性トークン(NFT)市場で売買することができます。

言い換えると、もし NFT を所有している場合

  • 自分がそれを所有していることを簡単に証明できます。
    • 非代替性トークン(NFT)を所有していることを証明するのは、自分のアカウントに ETH があることを証明することと非常によく似ています。
    • 例えば、非代替性トークン(NFT)を購入し、その独自トークンの所有権が公開アドレスを介してウォレットに転送されたとします。
    • このトークンは、あなたの所有するデジタルファイルがオリジナルであることを証明します。
    • 秘密鍵が、オリジナルの所有権の証明です。
    • コンテンツクリエイターの公開鍵は、その特定のデジタルアイテムが本物であることを証明する役割を果たします。
      • クリエイターの公開鍵は本質的にそのトークンの歴史において核となるものです。 作成者の公開鍵は、所有するトークンが特定の個人によって作成されたことを証明でき、その結果、そのトークンの市場価値(対偽造品)に貢献します。
    • NFT の所有を証明するもう一つの方法は、メッセージに署名することで、そのアドレスの背後にある秘密鍵を所有していることを証明することです。
      • 前述の通り、秘密鍵はオリジナルの所有権を証明するものです。 これによって、そのアドレスの秘密鍵が非代替性トークン(NFT)をコントロールしていることがわかります。
      • 署名されたメッセージは、秘密鍵を誰にも明かさずに所有していることを証明することができ、非代替性トークン(NFT)も所有していることを証明することができます。
  • 誰も不正操作することはできません。
  • アイテムを販売することができ、場合によっては原作のクリエイターに版権が発生します。
  • あるいは、イーサリアム上のウォレットにより資産が保護されているので、安心して、ずっと保有することもできます。

非代替性トークン(NFT)を作成する場合

  • 自分がクリエイターであることを簡単に証明できます。
  • あなたが希少性を決めることができます。
  • 売れるたびにロイヤリティーを得ることができます。
  • 非代替性トークン(NFT)市場や 1 対 1 で販売することができます。 どのプラットフォームにも縛られず、誰かに仲介してもらう必要もありません。

希少性

非代替性トークン(NFT)のクリエイターは、その資産の希少性を決めることができます。

例えば、スポーツ観戦のチケットを考えてみましょう。 イベントの主催者が何枚のチケットを売るかを決めるように、非代替性トークン(NFT)のクリエイターは何枚のレプリカを存在させるかを決めることができます。 時には、5,000 枚の一般入場券のようなまったく同じレプリカもあります。 例えば、座席指定のチケットのように、よく似ていてもそれぞれが微妙に違うものが複数枚作られることもあります。 また、特別なレアグッズとして 1 枚しかミントされない非代替性トークン(NFT)を作りたいというケースもあります。

このような場合でも、各非代替性トークン(NFT)は固有の識別子(従来の「チケット」のバーコードのようなもの)を持ち、所有者は 1 人だけです。 非代替性トークン(NFT)の希少性は重要であり、クリエイター次第です。 クリエイターは、希少性を高めるために、それぞれの NFT を完全に固有なものにする場合もあれば、数千個のレプリカを作成する場合もあります。 また、この情報はすべて公開されています。

ロイヤリティー

非代替性トークン(NFT)が販売されると、自動的にクリエイターにロイヤルティーを支払う NFT もあります。 これはまだ発展途上の概念ですが、最もパワフルなものの一つです。 EulerBeatsのオリジナルの所有者は、非代替性トークン(NFT)が販売されるたびに 8%のロイヤリティを得ることができます。 また、FoundationZoraのように、アーティストへのロイヤルティーをサポートしているプラットフォームもあります。

これは完全に自動化されており、クリエイターは自分の作品が人から人へと販売されると、自動的にロイヤルティーを得ることができます。 現在、ロイヤルティーの計算は非常にマニュアル化されており、正確性に欠けるため、多くのクリエイターが本来の報酬を得られていません。 非代替性トークン(NFT)にロイヤリティがプログラムされていれば、取り逃すことはありません。

非代替性トークン(NFT)の使用方法

ここでは、イーサリアム上の非代替性トークン(NFT)の優れたユースケースとビジョンの詳細情報をご紹介します。

クリエイターの収益の最大化

現在、非代替性トークン(NFT)の最大の用途は、デジタルコンテンツの領域です。 これは、現在デジタルコンテンツ業界が上手く機能していないためです。 コンテンツのクリエイター達は、利益や収益の可能性がプラットフォームに取り込まれてしまっているのを目の当たりにしています。

アーティストがソーシャルネットワーク上で作品を公開すると、そのアーティストのフォロワーに広告を販売するプラットフォームが利益を得ます。 その代わりに露出が増えますが、お金にはなりません。

非代替性トークン(NFT)は、クリエイターが自分のコンテンツの所有権を、コンテンツを公開するためのプラットフォームに渡さない、新しいクリエイター経済系を実現します。 所有権は、コンテンツそのものに焼き付けられています。

コンテンツが販売されると、資金が直接クリエイターに送られます。 さらに新しい所有者が非代替性トークン(NFT)を販売した場合、元のクリエイターはロイヤルティーを自動的に受け取ることすら可能です。 これはすべての販売において保証されます。クリエイターのアドレスはトークンのメタデータの一部であり、メタデータは変更できないためです。

👀
非代替性トークン(NFT)アート/収集品を探す、買う、作る
非代替性トークン(NFT)アートを探す

コピー/ペーストの問題

非代替性トークン(NFT)に否定的な人は、NFT のアートワークをスクリーンショットした写真を添えて、「NFT は無意味」とよく口にします。 「ほら、あの画像がタダで手に入った!」と満足気に話します。

それはそうですが、 ピカソの「ゲルニカ」の画像をグーグルで検索したからと言って、数百万ドルの美術史的作品の所有者とは言えるでしょうか?

結局のところ、本物の所有には価値があり、その価値は市場により決められます。 コンテンツは、スクリーンショットを取られ、シェアされ、利用されればされるほど、その価値は高まります。

本物を持っているということは、それだけで価値があるということです。

ゲーム世界のポテンシャルの向上

非代替性トークン(NFT)は、ゲーム開発者からの関心も高いです。 非代替性トークン(NFT)は、ゲーム内アイテムの所有権の記録を提供し、ゲーム内経済を活性化し、プレイヤーに多くの利益をもたらします。

一般的なゲームでは、ゲームで使用するアイテムを購入することができます。 しかし、そのアイテムが非代替性トークン(NFT)であれば、ゲームを終えたときにそれを売ってお金を回収することができます。 アイテムの価値が上がれば、利益が出る可能性もあります。

ゲーム開発者は、NFT の発行者として、アイテムがオープン市場で再販されるたびにロイヤルティーを得ることができます。 これにより、プレイヤーと開発者の双方が非代替性トークン(NFT)のセカンダリー市場から収益を得るという、相互によりメリットのあるビジネスモデルが実現します。

これは、ゲームが開発者によって管理されなくなっても、集めたアイテムは、自分の所有物のまま変わらないということでもあります。

最終的には、ゲームで必死になって得たアイテムは、ゲームそのものよりも存続できます。 ゲームがメンテナンスされなくなっても、あなたが所有しているアイテムは常にあなたの管理下のままです。 これは、ゲーム内のアイテムがデジタルな記念品となり、ゲーム外でも価値を持つことを意味します。

バーチャルリアリティゲーム「Decentraland」では、仮想の土地の非代替性トークン(NFT)を購入して、自分の好きなように使うことができます。

👀
非代替性トークン(NFT)を活用したイーサリアムゲームをチェック
非代替性トークン(NFT)ゲームを探す

覚えられやすいイーサリアムアドレス

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)は、非代替性トークン(NFT)を使用して、mywallet.ethのような覚えやすいイーサリアムアドレスを提供しています。 覚えやすいアドレスがあると、0x123456789..... ではなく、mywallet.ethに ETH を送信するように依頼することができます。

これは、IP アドレスをより覚えやすくするウェブサイトのドメイン名と同様の方法です。 また、ドメイン同様、イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)名にも価値があり、通常は長さと関連性に基づいています。 イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)では、所有権を移転するために、ドメイン登録は必要なく、 イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)名を非代替性トークン(NFT)マーケットプレイスで取引することができます。

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)名で次のようなことができます。

  • 暗号通貨や非代替性トークン(NFT)の受領。
  • ethereum.ethのような、分散型ウェブサイトを示す。 ウェブサイトの分散化の詳細
  • メールアドレスや Twitter ハンドルなどのプロフィール情報を含む任意の情報の保存。

物理的アイテム

物理的なアイテムのトークン化は、デジタルなものほど発達していません。 しかし、不動産や一点もののファッションアイテムなどのトークン化を検討しているプロジェクトはたくさんあります。

非代替性トークン(NFT)は基本的に証書であるため、ある日、ETH を使って車や家を購入し、その見返りとして NFT として証書を受け取ることができます(同一トランザクション内で)。 物事がますますハイテク化していく中で、イーサリアムウォレットが車や家の鍵となり、所有者の暗号証明によってドアが解錠されるような世界を想像するのは難しくありません。

イーサリアム上で表現可能な自動車や不動産などの貴重な資産があれば、非代替性トークン(NFT)を担保にして分散型ローンを組むことができます。 これは、現金や暗号ではなく、物理的な価値のあるアイテムを所有している場合に特に役立ちます。 分散型金融(DeFi)の詳細

非代替性トークン(NFT)と分散型金融(DeFi)

非代替性トークン(NFT)の世界と分散型金融(DeFi)の世界は、様々な興味深い方法で連携し始めています。

非代替性トークン(NFT)担保ローン

担保を使ってお金を借りることができる分散型金融(DeFi)アプリケーションがあります。 例えば、10 ETH を担保にして、5,000 DAI(ステーブルコイン)を借りることができます。 これにより、貸し手の返済が保証され、借り手が DAI を返済しない場合、担保は貸し手に送られます。 しかし、誰もが担保として使えるだけの暗号通貨を持っているわけではありません。

非代替性トークン(NFT)を担保として利用することを検討し始めているプロジェクトもあります。 昔、レアな CryptoPunk 非代替性トークン(NFT)を買ったと想像してみてください。今の価格で 1,000 ドルはします。 これを担保に入れ、同じルールでローンを利用できるようになります。 DAI を返済しない場合、あなたの CryptoPunk は担保として貸し手に送られます。 これは最終的に、非代替性トークン(NFT)としてトークン化されたものにも適用できます。

両方の世界(NFT と DeFi)が同じインフラを共有しているため、これらはイーサリアムでは難しいことではありません。

フラクショナル・オーナーシップ(分割所有)

非代替性トークン(NFT)クリエイターは、自分の NFT に「シェア」を作成することもできます。 これにより、投資家やファンは、非代替性トークン(NFT)全てを購入することなく、その一部だけを所有することができます。 非代替性トークン(NFT)作成者やコレクターにとって、さらにチャンスが広がります。

  • 分割化された非代替性トークン(NFT)は、単にNFT マーケットプレイスだけでなく、Uniswap のような分散型取引所(DEX)でも取引が可能です。 つまり、買い手と売り手の数が増えるということです。
  • 非代替性トークン(NFT)の全体的な価格は、そのフラクションの価格によって定義することができます。
  • 自分の好きなものを所有し、それから利益を得る機会が増えました。 非代替性トークン(NFT)で、誰も買い手がいないことが少なくなります。

これはまだ実験的なものですが、以下の取引所で非代替性トークン(NFT)のフラクショナル・オーナーシップ(分割所有)について詳しく知ることができます。

理論的には、ピカソの作品を所有するなどの可能性が出てきます。 ピカソの非代替性トークン(NFT)の所有者の 1 人となり、収益分配などに発言権を持つことになります。 近い将来、フラクション非代替性トークン(NFT)を所有することで、その資産を管理する分散型自律組織(DAO)に入ることができるようになる可能性も高いでしょう。

これは、イーサリアムを利用した組織で、見知らぬ人同士が必ずしも相手を信頼することなく、資産のグローバル共同所有者など知らない人と、安全に協調することができます。 グループの承認なしには 1 円たりとも使うことができないためです。

先に述べたように、これは新たに出現してきている世界です。 非代替性トークン(NFT)、分散型自律組織(DAO)、分割化されたトークンは、それぞれ異なるペースで発展しています。 しかし、それらのインフラはすべて存在し、同じ言語で話しているため、簡単に連携することができます。この同じ言語とは、イーサリアムのことです。 この世界に注目してください。

分散型自律組織(DAO)の詳細

イーサリアムと非代替性トークン(NFT)

イーサリアムは、次のような理由で非代替性トークン(NFT)を実現しています。

  • トランザクション履歴やトークンのメタデータは公的に検証可能で、所有者の履歴を簡単に証明できます。
  • 一度トランザクションが確認されると、そのデータを操作して所有権を「盗む」ことはほぼ不可能です。
  • 非代替性トークン(NFT)の取引は、大幅なカットを報酬とするプラットフォームを必要とせず、ピアツーピアで行うことができます。
  • イーサリアム製品はすべて同じ「バックエンド」を共有しています。 別の言い方をすれば、すべてのイーサリアム製品はお互いを簡単に理解することができるため、非代替性トークン(NFT)は製品の垣根を超えてポータブルです。 ある製品で非代替性トークン(NFT)を購入して、それを別の製品で簡単に販売できます。 クリエイターは、複数の製品に同時に非代替性トークン(NFT)を掲載することができ、どの製品にも最新の所有者情報が表示されます。
  • イーサリアムは決して停止しないので、トークンはいつでも売買できます。

非代替性トークン(NFT)の環境への影響

非代替性トークン(NFT)の人気が高まっていることから、特に二酸化炭素の排出量について、より監視の対象になっています。

明確にすると

  • 非代替性トークン(NFT)は、イーサリアムの二酸化炭素排出量を直接増加させるものではありません。
  • イーサリアムは資金や資産を安全に保つため、現在エネルギーを大量に消費していますが、今まさにそれは改善されようとしています。
  • 改善されれば、イーサリアムの二酸化炭素排出量は 99.95%改善され、多くの既存産業よりもエネルギー効率が良くなります。

これ以上説明するには、少し専門的な話になりますが、ご了承ください。

非代替性トークン(NFT)の問題ではない

非代替性トークン(NFT)のエコシステム全体が機能しているのは、イーサリアムが分散型で安全だからです。

分散型とは、自分が何かを所有していることを、自分だけでなく他の誰もが確認できることです。 独自のルールを勝手に押し付けることができる第三者を信用したり、管理権を付与する必要もありません。 また、非代替性トークン(NFT)はさまざまな製品や市場でポータブルです。

非代替性トークン(NFT)はコピー/ペーストや盗難の危険性がなく、安全性が高いです。

このようなイーサリアムの特性により、固有アイテムをデジタルで所有し、自分のコンテンツに適正な価格をつけることが可能になります。 しかし、それには費用がかかります。 ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンは、この品質を維持するために多くのエネルギーを必要としています。 イーサリアムの履歴を書き換えて非代替性トークン(NFT)や暗号通貨を盗むことが簡単にできたとしたら、システム自体が崩壊してしまいます。

非代替性トークン(NFT)のミントに関する作業

非代替性トークン(NFT)をミントする際には、いくつかのポイントがあります。

  • ブロックチェーン上で資産として確認される必要があります。
  • 所有者のアカウント残高を更新して、その資産を含める必要があります。 これにより、取引や検証可能な「所有」が可能になります。
  • 上記が確認されたトランザクションは、ブロックに追加され、チェーン上で「不朽化」される必要があります。
  • このブロックは、ネットワーク内の全員が「正しい」と確認する必要があります。 あなたの非代替性トークン(NFT)が存在し、所有者はあなたであることにネットワークが合意するので、仲介者の必要性がなくなります。 しかも、チェーンになっているので、誰でも確認することができます。 これは、イーサリアムが非代替性トークン(NFT)クリエイターの収益を最大化するための方法の一つです。

これらの作業はすべてマイナーが行います。 そして、ネットワークの残りの部分に、その非代替性トークン(NFT)と所有者について通知します。 つまり、ミント作業は十分に困難でなければならず、そうでなければ、誰もがあなたが作成した非代替性トークン(NFT)を所有していると主張でき、所有権が不正に譲渡されてしまいます。 マイナーが誠実に行動しているかどうかを確認するために、多くのインセンティブが用意されています。

マイニングの詳細

マイニングで非代替性トークン(NFT)の保護

マイニングの難しさは、チェーンに新しいブロックを作成するために膨大な計算パワーを必要とすることにあります。 重要なのは、必要なときだけでなく、一貫してブロックを作成することです。 12 秒おき程度の間隔で作られています。

これは、イーサリアムの改ざん防止を実現するために重要であり、非代替性トークン(NFT)を可能にする特性でもあります。 より多くのブロックがあると、チェーンがより安全になります。 もし、あなたの NFT がブロック#600 で作成され、ハッカーがそのデータを修正してあなたの非代替性トークン(NFT)を盗もうとした場合、それ以降のすべてのブロックのデジタル刻印が変わってしまいます。 つまり、イーサリアムのソフトウェアを実行している人は、すぐにそれを検知して防ぐことができるということです。

しかし、これはある程度の計算パワーを常に使用する必要があることを意味します。 また、NFT トランザクションが 0 件のブロックでも、そのブロックを作成するために計算パワーが消費されるため、二酸化炭素排出量はほぼ同じになるということです。 他の非代替性トークン(NFT)以外のトランザクションがブロックを埋めることになります。

エネルギー集約型の現在のブロックチェーン

確かに、マイニングでブロックを作成することによる二酸化炭素排出量は、ビットコインなどのチェーンでも問題になっていますが、これは非代替性トークン(NFT)が直接の原因ではありません。

多くのマイナーは、再生可能エネルギーや遠隔地の未使用エネルギーを利用しています。 また、非代替性トークン(NFT)や暗号通貨が影響を及ぼし混乱させている産業自体に、巨大な二酸化炭素排出量があるという議論もあります。 しかし、既存の産業が悪いからといって、より良いものを目指してはいけないというわけではありません。

私たちは現に改善に努めています。 イーサリアムは、よりエネルギー効率の高いものにするために進化しており、その結果、非代替性トークン(NFT)のエネルギー効率も改善します。 そして、これはずっと計画されてきたことです。

ここでは、マイニングの環境面での影響を擁護するのではなく、状況がどのように変化しているかを説明します。

より環境に優しい未来...

イーサリアムの誕生以来、開発者や研究者にとって、マイニングによるエネルギー消費は大きな関心事でした。 できるだけ早く、問題を解決することを常に念頭に置いて、ビジョンにしてきました。 イーサリアムのビジョンの詳細

このビジョンが今まさに実現されようとしています。

より環境に優しいイーサリアム

イーサリアムでは、現在マイニングをステーキングに置き換える一連のアップグレード作業が行われています。 これにより、セキュリティメカニズムとしての計算パワーが不要になり、イーサリアムの二酸化炭素排出量が最大 99.95%1削減されます。 新しいイーサリアムでは、ステーカーはネットワークを保護するために、計算パワーではなく、資金を投入します。

イーサリアムのエネルギーコストは、家庭用コンピューターのランニングコストにネットワークのノード数を掛けたものになります。 ネットワークに 10,000 のノードがあり、家庭用コンピュータのランニングコストが年間およそ 525kWh であるとします。 これはネットワーク全体で 1 年間に 5,250,000kWh1のエネルギー消費になります。

これを使い、これからのイーサリアムを Visa のようなグローバルサービスと比較してみましょう。 Visa は 100,000 回のトランザクションで 149kWh のエネルギーを使用2します。 イーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)での同じ数のトランザクションは、17.4kWh のエネルギー、総エネルギー量の 11%を消費します。3 これにはロールアップのような、合意レイヤーやシャードチェーンと並行して作業されている多くの最適化を考慮していません。 100,000 回のトランザクションで 0.16666667kWh のエネルギーになることもあります。

重要なのは、イーサリアムの分散性とセキュリティを維持しながら、エネルギー効率を向上させることです。 他の多くのブロックチェーンでは、すでに何らかの形でステーキングを使用しているかもしれませんが、それらのブロックチェーンは、イーサリアムのように何千人ものステーカーではなく、少数のステーカーによって保護されています。 分散化すればするほど、システムの安全性は高まります。

エネルギー推定値の詳細

プルーフ・オブ・ステークのイーサリアムの消費エネルギーについての理解を深めるために、身近な存在である Visa との基本的な比較をしました。 しかし、実際には、トランザクション数で比較するのは正確さに欠けます。 イーサリアムのエネルギー出力は時間ベースであり、 イーサリアムが 1 分ごとのトランザクション数を増減させても、エネルギー出力は変わりません。

また、イーサリアムは金融取引だけでなく、アプリケーションのプラットフォームでもあることにも留意する必要があります。ですから、Visa や AWS など、多くの企業や業界と比較するのがより公正なのかもしれません。

タイムライン

プロセスは既に始まっています。 ビーコンチェーンは、2020 年 12 月にリリースされた最初のアップグレードです。 ステーカーがシステムに参加できる、ステーキングの基盤を提供します。 エネルギー効率に関連する次のステップとしては、現在のチェーン、つまりマイナーにより保護されているチェーンを、マイニング不要なビーコンチェーンに統合することです。 現段階では正確な時期は不明ですが、2022 年中には実現される見込みです。 このプロセスをマージ(旧:ドッキング)といいます。 マージの詳細

イーサリアムのアップグレードの詳細

非代替性トークン(NFT)の構築

ほとんどの非代替性トークン(NFT)は、ERC-721と呼ばれる一貫した規格に準拠しています。 しかし、他の規格にも目を向ける必要があります。 ERC-1155規格では、準代替可能なトークンが認められており、これは特にゲームの領域で有用です。 さらに最近では、NFT のミントをより効率的に行うために、EIP-2309が提案されています。 この規格では、1 回のトランザクションで好きな数だけミントすることができます。

参考文献

脚注およびソース

これらは、上記のエネルギー推定値の算出根拠に関する説明です。 これらの見積もりは、ネットワーク全体に対するもので、非代替性トークン(NFT)の作成、購入、販売のプロセスだけのではありません。

1. マイニングからの移行で 99.95%のエネルギーを削減

マイニングによるシステム保護からステーキングによる保護への移行による、エネルギー消費量の 99.95%削減は、以下のデータソースを用いて計算されています。

  • イーサリアムのマイニングで消費される電気エネルギーは年間 44.49TWh - Digiconomist

  • プルーフ・オブ・ステークを動かすのに必要な平均的なデスクトップコンピュータは、1 時間あたり 0.06kWh のエネルギーを消費 – Silicon Valley power chart (0.15kWh ともう少し高い推定値もあります)

この記事を書いている時点では、16,405 の一意のアドレスから 140,592 人のバリデータが集まっています。 そのうち、87,897 人のバリデータは自宅でステーキングしていると想定されます。

自宅でステーキングをしている平均的な人は、100W のデスクトップパソコンを使用して、平均 5.4 個のバリデータクライアントを実行していると想定しています。

87,897 人のバリデータが自宅で活動していることから、16,300 人のユーザーが 1.64MW のエネルギーを消費していることになります。

残りのバリデータは、取引所やステーキングサービスなどのカストディアン・ステーカーによって運営されています。 5.5 人のバリデータに対して 100W を使用していると考えられます。 念のため大きく見積もっています。

合計すると、プルーフ・オブ・ステークのイーサリアムの消費電力は 2.62MW となり、これはアメリカの小さな町とほぼ同じです。

これは、Digiconomist が試算した、イーサリアムのマイナーが現在消費している年間 44.94TWh の総エネルギー使用量を 99.95%以上削減することになります。

2. Visa のエネルギー消費量

100,000 件の Visa のトランザクションのコストは 149kWh - ビットコインネットワークのトランザクションあたりの平均エネルギー消費量と 2020 年時点の Visa ネットワークとの比較、Statista

2020 年 9 月末までに 140,839,000,000 件のトランザクションを処理 - Visa 財務レポート 2020 年第 4 四半期

3. シャードされたプルーフ・オブ・ステイクネットワーク上の 100,000 トランザクションのエネルギー使用量

スケーラビリティがアップグレードされ、ネットワークは 1 秒に 25,000 から 100,000 件のトランザクションを処理できるようになると推定されており、現在の理論上の最大値は 100,000 件です。

Vitalik Buterin によるシャーディングでの 1 秒当たりのトランザクション件数見込みについて

最低でも、シャーディングは現在の約 15 件のトランザクション件数の 64 倍のトランザクションが可能になります。 それは、シャードチェーン(データや容量の追加)が導入されている分です。 シャードチェーンの詳細

上記の Visa の例と比較できるよう、100,000 件のトランザクションを処理するのにかかる時間を見積もることができます。

  • 15 x 64 = 960トランザクション件数。

  • 100,000 / 960 = 104.2 秒で、100,000 件のトランザクションを処理。

    104.2 秒で、イーサリアムネットワークは次の量のエネルギーを使用します。

1.44kWh日々の使用量 x 10,000 ネットワーク ノード = 14,400kWh /日。

1 日は秒にすると 86,400 秒のため、1 秒当たり14,400 / 86,400 = 0.1666667kWhとなります。

これに 100,000 件の取引を処理するのにかかる時間をかけると 0.1666666667 x 104.2 = 17.36666701 kWhとなります。

これは11.6554809866%で、Visa での同じ量のトランザクションで消費されるエネルギーの 11.6554809866%に相当します。

なお、これはイーサリアムが 1 秒間に処理できる最小のトランザクション量に基づいています。 仮に、イーサリアムが毎秒 100,000 トランザクションのポテンシャルを実現できれば、100,000 トランザクションで 0.1666666667kWh を消費することになります。

別の言い方をすると、Visa が 140,839,000,000 件の取引を処理し、100,000 件あたり 149kWh のコストをかけた場合、1 年間に消費されたエネルギーは 209,850,110 kWh となります。

イーサリアムの年間あたりの消費電力は、5,256,000kWh、 788,940,000,000 ~ 3,153,600,000,000 件のトランザクションを処理できるポテンシャルがあります。

🌲
これらの統計が間違っていると思われる場合や、より正確さを向上できると思われる場合は、問題やPRを上げてください。 これらは、一般に公開されている情報と予定されたイーサリアムの設計を用いてethereum.orgチームが作成した推定値です。 これは、イーサリアム財団の公約を示すものではありません。

Was this page helpful?