このページの翻訳を行う

🌏

このページの新しいバージョンがありますが、現在は英語のみです。最新バージョンの翻訳にご協力ください。

ここにバグはありません!🐛

このページは翻訳されていないため、意図的にこのページを英語にしています。

マージ

  • 現在のイーサリアムメインネットは、最終的にビーコンチェーンのプルーフ・オブ・ステークシステムと「マージ(統合)」されます。
  • イーサリアムのプルーフ・オブ・ワークの終了と、プルーフ・オブ・ステークへの完全な移行がこれで完了します。
  • マージは、シャードチェーンの展開に先行して予定されています。
  • 旧称は「ドッキング」です。

ページの最終更新日時: 2022年6月30日

導入のタイミング

~ 2022年Q3/Q4

このアップグレードは、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサス形成への公式な移行です。 これにより、エネルギー集約的なマイニングが不要になり、代わりにステークされたETHを使用してネットワークを運用します。 イーサリアムのビジョンであるスケーラビリティ、セキュリティ、持続可能性を実現するための、本当にワクワクするステップです。

マージとは

まずは、ビーコンチェーンが、現在使われているメインネットとは別にリリースされたことにご留意ください。 イーサリアムメインネットは、 プルーフ・オブ・ワークによって引き続き保護される一方、ビーコンチェーンはプルーフ・オブ・ステーク を併用し実行します。 マージとは、それらの 2 つのシステムが最終的に統合されることを指します。

イーサリアムは恒星間航海にはまだ準備ができていない宇宙船だと想像してください。 ビーコンチェーンで、コミュニティは新しいエンジンと強化された船体を構築しました。 適切な時期が来ると、現在の船はこの新しいシステムにドッキングして一隻の船になることができ、数光年にわたる宇宙旅行に旅立つ準備ができます。

メインネットとのマージ

準備ができたら、イーサリアムメインネットはビーコンチェーンと「マージ」し、プルーフ・オブ・ワークではなく、プルーフ・オブ・ステークを使用する独自のシャードになります。

メインネットは、スマートコントラクトを実行する機能をプルーフ・オブ・ステークにもたらします。 加えて、イーサリアムのこれまでの歴史と現在の状態は、すべての ETH 保有者とユーザーにとって移行がスムーズになるよう、そのまま実行できます。

マージ後

マージにより、イーサリアムのプルーフ・オブ・ワークの終わりと、より持続可能で環境に優しいイーサリアム時代の幕開けとなります。 この時点で、イーサリアムはイーサリアムのビジョンで述べた、スケーラビリティ、セキュリティ、および持続可能性の実現に一歩近づきます。

マージの実装目標は、プルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへの移行を促進するため、シンプルにしています。 マージに力を注ぎ、本移行を遅らせる可能性のある追加機能を最小限に抑えて開発が進んでいます。

つまり、例えばステークされた ETH の引き出し機能といった他の機能は、マージの完了後まで少し時間がかかるということです。これらの機能に対応するための「クリーンアップ」アップグレードは、 マージ後すぐに行われる予定です。

アップグレード間の関係

イーサリアムのアップグレードすべては、いくらか相互に関連しています。 マージと他のアップグレードがどのように関係しているか、まとめてみましょう。

マージとビーコンチェーン

マージが完了すると、ステーカーが割り当てられ、イーサリアムメインネットを検証します。 マイニングは不要となるため、現在のマイナーは新しいプルーフ・オブ・ステークにおそらく自分の利益を投資するでしょう。

ビーコンチェーン

マージとマージ後のクリーンアップ

マージ直後は、ステークされた ETH を引き出すなどのいくつかの機能はまだサポートされません。 これらは、マージ後に個別のアップグレードにて行われる予定です。

最新のイーサリアム財団(EF)研究開発ブログをご覧ください。 さらにご興味のある場合は、Vitalik が 2021 年 4 月の ETHGlobal イベントで発表したマージ後に何が起こるかをご覧ください。

マージとシャードチェーン

もともとの計画では、マージが行われる前に、シャードチェーンに取り組み、スケーラビリティに対応する予定でした。 しかし、レイヤー 2 スケーリングソリューションの高まりにより優先順位が変わり、マージによるプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークへの切り替えが優先されることになりました。

ただし、無限のスケーラビリティを可能にするために、複数のシャードチェーンの潜在的な必要性について、継続的な評価検証がコミュニティにより行われています。

シャードチェーン

続きを読む

Was this page helpful?